謨エ菴薙・迪ォ閭梧イサ逋・ 謨エ菴薙・迪ォ閭後・豐サ逋・

猫背矯正


猫背姿勢と猫背矯正


「猫背」などを理想的な姿勢にしたいと感じたことは?最近、旦那さんや奥さんから猫背の姿勢になっている指摘される。肩凝りや腰痛で凝りや痛みが出るのは「猫背」などが原因なのでは?見た目をよく見せたい。たくさんの人が猫背などで苦しんでいる。「猫背」などで悩んでいるのに「猫背」を治したという人の話はさほど聞くことはありません。ネットなどを見て一人で「猫背」などを改善しようと努力したけどよくならなかった。ヨガみたいなストレッチや柔軟体操に通ったけど猫背が改善しない。スポーツジムで筋力トレーニングで「猫背」の修正をしても治らない。整体など行ってみても解消されないなど猫背を改善しようとしても良くなる方達があまりいないのが実際です。猫背を本気でよくしようと思ったら理論的な治療で「猫背」を改善する必要があります。理論的な「猫背」の調整方法を治療前に知ることが「猫背」を矯正する基礎になる。

猫背の矯正を知ろう!


背骨は、頸椎が前方にカーブ、肋骨部分の背骨の胸椎が背中側に湾曲、腰椎が前方にカーブになっているのが普通の状態で、脊椎が背中側に丸く出っ張る状態を「猫背」という。姿勢が円形になる猫背の姿勢は一目見てよくない状態だと分かります。生理的な湾曲から逸脱した背骨は、筋肉や靱帯に負荷をかけるだけでなく、背骨から出ている神経にも影響を与えます。体は、神経によって操られているので、神経網に影響が起こると靱帯や筋肉などの運動能力だけでなく、内臓器官にもとても大きく影響し多様な体調不良を引き起こします。「猫背」は外見だけでなく内臓の病気などの大きな病気の元にもなってしまうので自分で「猫背」と感じたら早急に猫背の調整をする必要があるのです。

いい姿勢とは


「猫背」のことに詳しい人達はあまりいない。正しい姿勢とは、生理的湾曲があり、左右に歪みが無い脊椎です。良い背骨はバランスがとれていて運動機能も向上します。新駅、靱帯、筋肉、などに負担が少なく、内臓諸器官も正常に働きやすいので健康に凄く有効です。その為、「猫背」の方には猫背の修正が必要です。「猫背」は、疾病だけでなく外見にも影響が出ます。正しい姿勢は綺麗で、見た目の魅力を演出します。理想の姿勢は、美しく誠実で自信があり、信頼感があります。姿勢の良い悪いは人間関係にも変化を与える。これらいろいろなことに影響を与える姿勢は、悪いより、いい方が良いに決まっています。「猫背」を調整して、理想の脊椎を手に入れよう。

猫背の矯正をしよう!


「猫背」を治療すると見た目も良くなって健康になり、いいことばかりです。「猫背」を修正しない理由はないでしょう。猫背を治療する修正法には、どのような修正法があると考えていますか?何個か代表的なやり方を紹介しよう。

柔軟・ストレッチ


脊椎の柔軟性を高めることによって猫背を修正しようとする方法は最も多く使用されるやり方で、真向法など色々な種類がある。しかし、ストレッチなどで身体の柔軟性が増したからといって「猫背」が改善されるわけではありません。ストレッチの意義は、柔軟性を高めることによって理想的な姿勢の状態を取りやすくすることです。猫背の状態で背骨が硬くなってしまった場合、脊椎を理想的な姿勢にすることじたいができない場合があります。そんなときは、まず第一に理想的な状態になることができるようになれることが、正しい姿勢になる手始めです。ですので、脊椎が硬くなって正しい姿勢になることができない方にとって、「猫背」を修正するための重要な第一歩になる。しかし、体に柔軟性がある時は、柔軟体操は「猫背矯正」には意味が無いのです。正常な姿勢になれるだけの体の柔軟性があれば、ストレッチなど背骨の柔軟性を高めるような運動はやることはありません。

筋トレと猫背矯正


スポーツジムでは、筋力の低下により「猫背」になると考えて筋力トレーニング猫背を治療しようとすることを奨めます。筋肉の力が出れば正しい状態を保ちやすくなります。しかし、筋力があれば理想の姿勢になるとは限りません。筋トレによって猫背の状態がひどくなることもあります。正しい背骨を維持しようとすると靭帯や筋肉に無理がかかり筋肉が痛くなったりする為、筋力が強化されれば背骨を維持するのも簡単になり姿勢が改善されるというのが筋力トレーニングで「猫背」を矯正しようとする方達の考えです。たしかに、正しい筋力トレーニングの方法で正しい筋力の付け方をすれば「猫背矯正」にかなり有効です。しかし、トレーニングをやっている人達でも理論的な方法で実行しないと猫背が良くなるどころか悪くなることもある。どんなときでしょうか?それは、筋トレをしても猫背を強化するようなトレーニングでは「猫背」が良くなるどころか悪くなってしまいます。正しい猫背矯正の筋トレを行うようにしよう。

「整体」


脊椎や骨盤を修正する「整体」など手技療法のような治療もあります。整体「猫背矯正」は背骨や骨盤を修正して良い状態に戻す治療法です。骨を直接調整するのでとっても効果がある方法ですが、基本的にこれだけで猫背を治すのは難しいでしょう。整体で脊椎を理想的な所まで矯正しても正しい姿勢の癖が付く訳ではありません。元々正常な姿勢の癖がついている方が何らかの理由で「猫背」になってしまった場合、猫背の悪い癖が付く以前であれば整体「猫背矯正」はすごく効果的で一度の治療で猫背が調整されることもめずらしくない。

最も有効な猫背の矯正


「猫背矯正」を最も効果的に行いたいのならばストレッチ、トレーニング整体の施術を組み合わせて行うのが有効です。前述のように、柔軟性があれば柔軟体操はいらないし、筋肉があれば筋力トレーニングはいりません。整体「猫背矯正」は、できることならしてみるのがいいでしょう。まずは、自らの姿勢の状態がどんな姿勢の状態をしているのかを理解している必要がある。どのような姿勢なのか分からなければどんなふうに治したらいいかわかりません。また整体の猫背矯正は小さな歪みも調整することができます。「整体」の猫背矯正を行うことで猫背はなるべく早く治すことができます。だがしかし、これだけでは重要なものが抜けているのです。「猫背矯正」にもっとも重要なものはなんでしょうか?

猫背矯正で大切なものは?


「猫背」を治そうとするとき、とても大切なのは理想的な姿勢を常に保つことです。どれだけストレッチや筋トレや「整体」の猫背矯正をしても、普段から悪い姿勢を続けていては理想的な姿勢の状態の癖は付かないのです。最低限必要になるのは、猫背でいる時間より正しい姿勢でいる時間の方が長くいる必要があります。ストレッチ、筋力トレーニング、 「整体」の猫背矯正を行っても日頃から猫背の状態でいるのであれば、猫背の癖がひどくなるだけで良い姿勢の状態にはならない。つまり、「猫背矯正」で最も大切なのは常日頃から理想的な姿勢を維持することで、ストレッチ、柔軟、筋トレ、整体の「猫背矯正」は、正常な姿勢の状態を維持しやすくなる、または、理想的な姿勢に早く改善する為の補助的な行為です。

猫背を矯正して健康で綺麗な身体に


猫背を修正して、綺麗で健康な姿勢を手に入れよう!整体の猫背の矯正はとってもおススメです。「整体」は、「猫背」を修正するだけでなく背骨の神経圧迫を治すことができるので、脳と脊髄でコントロールされている身体の機能を正常に回復させることができます。これらの治療効果は「整体」のような手技療法でしかできないのです。「猫背」を治療する効果は、正しい姿勢が身に付くだけでなく健康状態にも影響するので「猫背」で困っているなら「猫背」の治療をするといいでしょう。

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛首の痛み肩こり背中の痛み腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア慢性疲労姿勢矯正猫背矯正側弯症骨盤矯正産後の骨盤矯正o脚矯正x脚矯正カイロカイロプラクティック

蟋ソ蜍「縲∵紛菴・ 蟋ソ蜍「縺ィ謨エ菴・ 蟋ソ蜍「遏ッ豁」縲∵紛菴・ 蟋ソ蜍「遏ッ豁」縺ィ謨エ菴・ 蟋ソ蜍「縺ョ遏ッ豁」縲∵紛菴・ 蟋ソ蜍「縺ョ遏ッ豁」縺ィ謨エ菴・ 蟋ソ蜍「縺ョ豐サ縺玲婿縲∵紛菴・ 蟋ソ蜍「縺ョ豐サ縺玲婿縺ィ謨エ菴・ 蟋ソ蜍「縺ョ逶エ縺玲婿縲∵紛菴・ 蟋ソ蜍「縺ョ逶エ縺玲婿縺ィ謨エ菴・ 謨エ菴薙€∝ァソ蜍「

姿勢を治す方法


姿勢を治そう!


美しい姿勢になれたらと思ったことはないですか。近頃姿勢が悪くなっていると言われた。肩凝りや腰の痛みで苦しんでいるのは姿勢が要因だったかもしれない?見た目の印象を改善したい。多くの方が様々な姿勢のことで苦しんでいる。姿勢で苦労しているのに、姿勢を治したという人はほとんどいない。自分自身で姿勢を治そうとがんばってみたけど改善されなかった。真向法などのストレッチなどに試しに通ったけど姿勢が治らなかった。ジムで筋力トレーニングしながら姿勢の矯正しても良い姿勢にならない。接骨院や整体に通っても改善されないなど、姿勢を治そうとしても成功する人が多くないのが事実です。姿勢を真剣に正そうとしたら正しい方法で姿勢を矯正する必要があるのです。正しい姿勢の調整法を知っていることが姿勢を改善する第一歩になる。

悪い姿勢


背骨は、首の骨が前湾、背中の骨が後方に反って腰の骨が前に反っているのが正常で、脊椎が後ろに円形に出っ張る猫背姿勢や胸を反らして脊椎を真っ直ぐにした姿勢は、理想の姿勢にほど遠い良くない姿勢ということです。背中が後湾する猫背みたいな姿勢は、すぐに変な姿勢だと理解できます。しかし身体を反らした背骨が真っ直ぐに伸びた姿勢はちょっと見良い姿勢に思うかもしれませんが、生理的に正しい脊椎とは言えない。生理的背骨から逸脱した脊椎は、筋肉・靱帯に負担をかけるだけでなく、背骨より出ている神経機能にも影響をあたえます。身体は、神経の命令によって動いているので神経の情報伝達に異常が出ると筋肉の運動能力だけでなく、内臓・血管系にもとても大きく影響を及ぼし様々な障害をひきおこします。悪い姿勢は見た目だけでなく内臓の疾患などの大きな病気の要因にもなる可能性があるので自分が異常な姿勢だったと気付いたらはやめに姿勢を治すようにする必要がある。

理想の姿勢とは?


姿勢のことについて詳しい人は多くありません。正しい姿勢とは、生理的湾曲があり、左右に湾曲が無い脊椎です。正しい姿勢は、バランスがよく運動能力も上がります。靱帯、神経、筋肉に負荷が少なく、内臓諸器官も正常に機能し健康にもとても効果的です。そのため、姿勢の悪い人には、姿勢の施術が必要になるのです。曲がった姿勢は健康だけでなく見た目にも悪影響があります。正しい姿勢は美しく、外見の良い雰囲気を演出します。良い姿勢は、美しく誠実で自信があり、信頼感があるように感じます。姿勢の良し悪しは、人間関係にも影響を与える。このようにさまざまなことに影響がある姿勢は曲がっているより綺麗な方がいいに決まっている。良くない姿勢を調整して良い姿勢を手に入れよう。

姿勢矯正


歪んだ姿勢を調整してみれば雰囲気も良くなり健康になり、良いことばかりです。姿勢を修正をやらない理由はないでしょう。姿勢を矯正する手段には、どのようなやり方があるのでしょうか?何個か一般的な手段を並べてみましょう。

柔軟体操


身体の柔らかさを増すことによって姿勢を矯正する方法はとても多く用いられる手段で、姿勢矯正ストレッチ、ヨガ、真向法などのさまざまな方法があります。だが、柔軟体操で柔軟性が増えたからといっていい姿勢の癖が付くわけではないのです。ストレッチの効果は、柔軟性を増やすことによって理想的な姿勢を保ちやすくすることなんです。歪んだ姿勢の状態で身体が固まってしまった場合、脊椎を正しい姿勢にもっていくことじたいが難しい事がある。そのような身体では、まず初めにいい姿勢になることができるようになることが、いい姿勢になる最初の一歩です。ですので、身体が硬く固まって良い姿勢になることができない人達にとっては、いい姿勢に矯正する効果的な第一歩になる。だが、体の柔らかさがあるとき、柔軟は姿勢矯正には意味がないです。理想の姿勢になれるだけの柔軟性があったら、柔軟体操やストレッチなどの柔軟性を上げるようなトレーニングはする必要はありません。

 筋トレ


ジムでは、筋力の低下により姿勢が悪化すると解説し、 筋トレ姿勢を修正していくことを奨めています。筋肉があればいい姿勢を維持しやすくなります。だが、単に筋肉があればいい姿勢になれるとはかぎらない。筋力トレーニングによって姿勢がひどくなることもあります。良い姿勢を保持しようとすると靱帯や筋肉に負荷がかかり筋肉の痛みが出たりするため、筋力が強化されれば姿勢を維持するのも楽になり姿勢が改善するという考え方が筋トレで姿勢を修正しようとする人の考えです。確かに、理にかなった方法で良い筋力の鍛え方をすれば姿勢矯正にとても効果的です。しかし、筋力トレーニングをする人でも理にかなったやり方でやらないと姿勢が良くなるどころかひどくなることもあります。どんなことでしょうか?それは、筋トレをしても曲がった姿勢を強めるような筋力トレーニングでは、姿勢が改善するどころか悪化します。理想の姿勢矯正の筋トレをするようにしましょう。

姿勢矯正と整体


脊椎を調整する整体などの方法もある。整体の姿勢矯正は脊椎や骨盤を治療して理想の姿勢に整える修正法です。脊椎を直接修正するのでとても効果のある手段なのですが基本的にこれだけでは良い姿勢にするのは困難でしょう。整体で背骨を正しいところまで移動させても理想の姿勢の状態の癖が付くわけではありません。もtもと理想の姿勢の人達が何らかの要因で姿勢が歪んだ場合、脊椎のよくない姿勢の癖が付く前ならば整体の姿勢矯正は、とっても効果的で一度目の治療で正しい姿勢に改善することも珍しくない。

最も有効な姿勢の矯正


姿勢矯正を凄く有効にしたいのであればストレッチ、筋力トレーニング、整体の修正をいっしょにおこなうのが有効です。前述のように、柔軟性があれば柔軟はいらないし、筋肉があれば筋トレは必要ないです。整体の姿勢矯正は、できれば受けてみる方がいいのではないでしょうか!まず初めに自分の姿勢がどんなふうな姿勢をしているか分かる必要があります。どのような姿勢なのか分からなければどんなふうに修正したらいいかわかりません。さらに、整体姿勢矯正は、部分的な骨の曲がりも矯正することができるのです。整体姿勢矯正をすることによって姿勢矯正は早く修正することができます。しかし、これでは大事な事が抜けています。姿勢矯正にもっとも大事なものはなんなんでしょうか?

最も姿勢矯正で重要なのは?


理想的な姿勢をものにしようとする場合、最も大切なのは良い姿勢をどのような時でも維持することです。どれほど多くストレッチや筋トレや整体の姿勢矯正を受けてみても常日頃から湾曲した姿勢をしていたのであればいい姿勢の脊椎の状態は身に付きません。最低限必要になるのは、悪い姿勢でいる長さより理想の姿勢の方が圧倒的に長くいる必要がある。ストレッチ、筋トレ、整体の治療をしたとしても普段から悪い姿勢でいるのであれば、歪んだ姿勢の背骨の状態が強くなるだけでいい姿勢にはなれません。つまり、姿勢矯正で重要なのはどんな時でも良い姿勢を維持することで筋トレ、ストレッチ、整体の治療は理想の姿勢を保持しやすくする、または正しい姿勢にはやく補助的な行為です。

姿勢矯正をして健康な体に


良い姿勢を手に入れて、美しく健康な体を手に入れよう!整体姿勢矯正はおすすめです。整体は、姿勢を改善するだけでなく背骨の神経圧迫を取り除くことができるので神経で操られている全身の機能を正常に回復させることができます。この効果は整体みたいな脊椎矯正しかできない。姿勢を修正する効果は、理想的な姿勢が定着するだけでなく健康にも影響するので姿勢が良くないと困っているなら姿勢の矯正をしてみるといいでしょう。

カイロ整体カイロプラクティック整体凝り、、頭痛片頭痛寝違え肩凝り背中肋間神経痛腰痛ぎっくり腰ヘルニア坐骨神経痛x脚姿勢の矯正猫背の矯正側彎o脚x脚メンテナンス背骨の矯正ストレートネック骨盤妊娠中の骨盤産後の骨盤慢性的な体調不良カイロカイロプラクティック

謨エ菴薙→繧ョ繝・け繝ェ閻ー縺ョ豐サ縺玲婿

ギックリ腰


「ぎっくり腰」


一般にこの状態はすなわち、大きな物を持とうとした時に急に激しい腰痛が発生して立っていることさえ難しくなることを「ぎっくり腰(ぎっくりごし)」の通称で表します。病院では「ぎっくり腰」は、急性腰痛症といい腰の部分に突然疼痛が発現する腰痛で筋肉の損傷・筋膜性炎症・関節捻挫などの症状をさします。急性の筋・筋膜性腰痛の他、腰椎椎間板ヘルニア腰椎椎間関節捻挫や仙腸関節性腰痛などの病態がおおいが、時々スプラング・バック(棘間・棘上靭帯損傷)でも同様の症状を発症する。発生要因も色々であるが、主に年齢や運動不足などが考えられます。なお、腫瘍が原因で起こっている場合は、夜間痛・安静時痛があるのでギックリ腰などのように損傷の原因を特定できることは多くない。また近頃では、原因を断定することができない腰痛を非特異的腰痛と呼びストレスの影響があるといわれている。

ぎっくり腰を予防するには?


予防としては、重量物などを運ぶ時に足場の悪いところで不安定な姿勢で持つなどしないように心がけることや、極端に重いものはなるべく持たずに済むように、物の収納の方法などを普段から工夫しておくことも効果的である。また、睡眠不足などでかつ疲れ気味の時に起こりやすく、そのような状況に陥らないように予防策を講じるのも一つの方法である。できれば常日頃からちょっとした運動をして腰周りから背中にかけて筋肉が弱らないようにしておくこともそこそこ有効である。

ぎっくり腰の診断


一般の病院で行われる検査は、主に、MRIとレントゲンです。整形学的検査をすることもありますが、近頃ではレントゲンとMRIだけという場合が多いみたいです。「ギックリ腰」は、MRIとレントゲンの診断を受けても原因不明と診断される事がおおく、それらの原因としては、筋肉、骨折、脱臼や靱帯のひどい損傷でなければ、MRIとレントゲンなどの診断には写らない為、微妙な損傷に関してはレントゲンやMRIなどで検査しても解らないということになってしまいます。「ギックリ腰」でMRIとレントゲンなどの画像診断をやっても「骨には異常ありません」といわれるだけのようです。

ぎっくり腰の治療


ぎっくり腰の初期対応


突如起こる「ぎっくり腰」の初めの対処法は、動かず安静にして患部を冷やすことです。「ぎっくり腰」のような急性腰痛の多くは軟部組織の損傷をともなうことがおおく、傷めてすぐに安静にすることと冷却することが大切です。ぎっくり腰の中には疼痛はあるものの動ける事も多くあります。だがしかし、「ぎっくり腰」の痛みは数時間をかけて徐々に悪くなる場合が多く、我慢すれば動けるからといって仕事をしてしまうと、後々腰痛が悪化する要因になります。軟部組織(筋肉や靱帯)の損傷がある可能性が高いということを考えてすぐに冷やすことで炎症を抑える効果があるといわれています。しかし、冷やしても疼痛が極端に減ることがない為、疼痛の減少を実感するほどのことはないようです。

鎮痛剤など


一般的に「ぎっくり腰」では、痛み止めを処方されます。鎮痛剤で「ぎっくり腰」の疼痛を抑えて自然に治るのを目指します。

湿布


湿布も一般的に処方されます。だがぎっくり腰みたいな急性の腰痛では、痛み止めの方が疼痛を軽くするにはいいみたいです。

注射


痛みが強い場合、ブロック注射をします。痛む所の局部的な麻酔と脊椎に注射をするブロック注射がある。ブロック注射は痛みにとても効くことが多いがときどき医療事故も起こっています。

患部を保護する装具など


少し動くだけでも痛みを発する「ぎっくり腰」に、腰椎を固定するコルセットなどはすごく効果的な対処の一つです。腰部に負荷がかかると患部を刺激して痛みが出るので、患部を固定して動きを制限し痛みを軽減します。

ぎっくり腰を整体の治療


病院の治療に加えて整体などの手技療法も「ぎっくり腰」の治療法として考えている人もいるのではないでしょうか?整体で行う「ぎっくり腰」の矯正は、どんなものでしょうか?整体では、骨をボキッってしている印象が強いと思います。整体は、一般的に背骨の歪みを修正して身体を整える治療です。「整体で矯正をしたら帰るときには疼痛は消えて歩いて帰ることができた」とか「たった一回の矯正で治った」のような話はよく聞きます。一般に腰を大きく損傷しているぎっくり腰は、ボキッとするような大きな力を加える治療は行いません。やさしく歪んだ骨格を調整します。微妙な背骨の歪みでも腰に疼痛を発することがある。この場合整体は凄く効果を発揮します。脊椎のズレや骨盤の仙腸関節などこのわずかな骨のズレを治療することによって、疼痛があっという間によくなることがある。ただし、ぎっくり腰のような急性腰痛にたいしボキボキするような過激な修正をする治療院にいくのは要注意です。その中には「ぎっくり腰」のような急性の腰痛に対し強烈な施術をして悪くなる事があります。いい整体では、急性腰痛に対してどのようなときも過激な修正を行うことはありません。

整体カイロ整体カイロプラクティック痺れ、、頭痛偏頭痛首の痛み寝違え肩こり背中の痛み肋間神経痛腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア坐骨神経痛o脚姿勢矯正猫背矯正側弯症o脚矯正x脚矯正体のメンテナンス背骨矯正ストレートネック骨盤妊娠中の骨盤矯正産後の骨盤矯正慢性の体調不良整体カイロ

ぎっくり腰、整体

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛肩こり背中腰痛ギックリ腰ヘルニア疲労姿勢猫背側弯骨盤産後の骨盤o脚x脚

整体



整体(せいたい)は、日本では一般的に手技を用いた民間療法(みんかんりょうほう)代替医療を示す言葉です。
また、身体を整える施術方法に使われる言葉です。
日本語としては、大正時代に利用されるようになった語句でアメリカで誕生した手技療法・整骨術を整体と言い換えたのが始まりのようである。
現在、世間一般に使われる意味では「カイロプラクティック」 (Chiropractic) に似ている背骨矯正術(主に背骨)を目的とした治療方法を指して使用されることがおおい。
脊椎・骨盤・上肢・下肢など、身体全体の骨格や関節の歪み・ズレの矯正、骨格筋の調整などを、手を使った手技(しゅぎ)と矯正器具で行う施術およびそれらの行為を表してしるという人もいるが統一された形態はない。
徒手的治療法により様々な病状を治癒させることを目指す治療法は「マニピュレーション」と称されるが、この代表ともいえるものが「カイロプラクティック」 Chiropractic ・オステオパシー (Osteopathy)である。自然治癒力を高めることと手技が治療の中心であるという共通部分があるが、セラピー哲学や着手方法の方法は違っています。
どちらも19世紀にアメリカ(米国)で体系づけられた施術方法(せじゅつほうほう)である。カイロプラクティック(脊椎矯正療法)は脊椎の椎間のサブラクセーション(不全脱臼)を手技により矯正アジャストすることで、体の不調を治癒させようとする療法。オステオパシーは、身体の構造の異常は体の循環に悪い効果をあたえ、神経の伝達や内分泌、血液の循環んを阻害すると確信し、背骨だけでなく全ての筋肉や骨格、内臓諸器官、頭蓋骨が施術法の対象となります。
脳脊髄液の循環の改善やリンパの循環の回復も目的とされる。カイロプラクティック(Chiropractic) 又はオステオパシーの理論・技法は整体や指圧などの日本の手技療法に影響を与えました。

整体の施術


整体(せいたい)にはお決まりのやり方はなく施術する人によって理解・解釈は違います。大正時代に伝わったオステオパシー (Osteopathy)やカイロプラクティック(背骨矯正法)など西洋より伝来の徒手療法を中心とする整体、日本武術の柔術や骨法(こっぽう)などの流派に伝承される手技を利用した整体、中国医学の施術を用いた整体(せいたい)、団体の独特の施術方法など加味した整体などがあるともいわれる。
民間療法であり、医療の制度から見れば補完代替医療の一つであるが、保険の適応外であるため、一般医療と同時に病院で補助療法として使用されることはない。法制度からは医業類似行為の一種とされる。「整体術」・「整体法」「整体療法(せいたいりょうほう)」 とも呼ばれる。明治に現れた民間療法で、指圧、「カイロプラクティック」 Chiropractic 、オステオパシー (Osteopathy)、光療法、電気治療などの手段で病気改善の目的で業をなすことを「療術」といいますが、整体(せいたい)もこの一つとされています 。
整体は論理・技術共に統一されていない為、整体を冠する治療家個人が、自説を語っています。
「カイロプラクティック」 Chiropractic のような「科学的」・「物理的」治療と、中医学・漢方医学の経絡理論・通常の医療で時々に使われる「内臓体壁反射」などの理論のミッスクとなっています。
身体の各関節(脊柱(せきちゅう)・骨盤(こつばん)・肩甲骨(けんこうこつ)・四肢・顎関節等)の歪み・ズレの補正と筋繊維のアンバランスの補正などを主に手足を使った矯正(矯正器具を使うことも)で行う治療です。

カイロプラクティック整体肩凝りぎっくり腰産後の骨盤片頭痛カイロ整体頭痛片頭痛肩こり背中腰痛ギックリ腰ヘルニア疲労姿勢猫背側弯骨盤産後の骨盤o脚x脚